洗濯のツボ 教えます!
汚れと言ってもさまざま。油汚れ と 泥汚れ では洗い方も変わります。
それぞれの汚れの特徴にあわせたテクニックで、汚れ落ちがゼンゼン変わります!
時間の短縮、洗浄力アップで、家事の負担を減らしましょう!
洗濯らくらくショップ > 洗濯のツボ > 洗濯、洗剤のこと > この記事

作業服、作業着、調理服の汗臭いニオイを落とすためのコツ

ムシムシしてきましたね。

もうすぐ衣替えですが、この時期を超すと夏にかけてジメジメしてきます。

嫌ですよね、あのムシムシした感じ。

 

暑くて汗が止まらないのはしょうがないのですが、

一番やっかいだなと感じているのが、

 

「作業服(衣類)の汗臭いニオイ」です。

 

毎朝、仕事に行く前に作業着をきるとき、

なんか汗臭いにおいがしたらそれだけで気分が悪くなります。

1日のスタートから気分が悪い、というのは避けたいですよね。

 

ですので、今回はムシムシする夏を迎える前に、

作業服から汗臭いニオイをゼロにする方法をお伝えします。

 

●なぜ作業服から汗臭いニオイが出てくるの?

●汗臭い作業服はこうやって洗濯する

●汗臭い作業服にしないコツ

 

●なぜ作業服から汗臭いニオイが出てくるの?

作業服の汗臭いニオイってちょっと普通の衣類の汗臭さとは違うニオイがしませんか?

 

業種によっても異なりますが、ニオイというのは汗だけでなく、

調理服であれば脂っこいニオイ、機械工の作業服であればグリスのニオイ、

養豚場のような場所であればエサや草などなど様々なニオイがします。

 

作業服というのは、汚れてもしょうがない、というケースもありますが、

汚れている作業服は、ニオイもセットでついてきます。

なので基本的には汚れもニオイもセットで落さなければならないわけです。

 

そもそもなぜ汗臭いのか?

 

というと、自分の体臭が原因か…とか、

知らずのうちに男性臭が出ているのか…とか

考えているとどうしようもなく切なくなってきます。

 

 

しかし、そもそも人間の汗自体は、ニオイはしないのです。

そう、汗っていうのは無臭です。

 

ではなぜ作業服からニオイがしてしまうのか?というと、

衣類についた汗や皮脂を、細菌がエサとして食べることによってニオイを発するのです。

酸っぱいニオイだったり、雑巾のようなニオイなんかは、エクリン腺という汗腺がエサとなり、細菌が作り出したニオイということです。

また、アポクリン腺という汗腺もあり、こちらも細菌がエサとして混ざることでニオイが発生しますが、こちらはワキガと呼ばれます。

 

なので、そもそも汗をかくこと自体は問題ではないのですが、

衣類にしみこんでしまった汗や、汚れをいかにとっていくか?が大事なポイントとなってくるわけです。

 

【ポイント】

・汗そのものがニオイを発しているわけではない

・汗がついてしまった衣類から汗や汚れを取ることが重要

 

 

●汗臭い作業服はこうやって洗濯する

 

では実際に汗臭い作業着をどう洗濯していけばよいのか?

ほとんどの方はいつも使っている洗剤で洗剤液を作り、そこで汚れている場所を

ゴリゴリこすりながら手洗いする、または漂白剤などをプラスして浸け置きする、

といった方法をとっているのではないでしょうか。

 

実際に上記の方法をやっている方にお聞きしたいのですが、

ニオイや汚れはしっかりとれたでしょうか?

 

弊社のお客様で作業服洗濯を毎日しているお母さんにアンケートをとると、

 

「いくらゴシゴシあらっても全然汚れがおちません」

「しっかり汚れは取れたと思うのですが、ニオイがのこってます」

「汚れが落ちないのはしょうがない…」

 

などなど感想をいただきました。

 

そう、作業服のニオイは、通常の衣類の汗臭さよりもちょっとやっかいで、

しっかり汚れを理解して洗濯をしないと、

シミになったり、ニオイがつよくなってしまったりする場合があります。

 

そもそもなぜ通常洗濯では作業服のニオイはおちないのか?

 

通常洗濯(洗剤)では、衣類について汚れや汗を洗い流すわけなのですが、

作業服の洗濯は、順序が大切です。

 

まず、表面上の汚れ(油汚れだったり泥汚れ、シミなど)をとり、

そのうえでたんぱく質や水溶性の汚れ(通常洗濯)を落とす必要があります。

 

この順番を逆にしてしまうと、

汚れが生地にのこってしまい、ニオイやシミの原因になってしまいます。

 

作業服には汗だけでなく、ガンコな油汚れや泥汚れなどが付着しますが、

まず先に落とさなければいけないのはガンコな油汚れや泥汚れになります。

 

汚れ具合や、その汚れ自体がどれくらいの時間が経過しているかにもよりますが、

基本的には前から残っている汚れほど落ちにくいです。

これらの汚れが残っていると、ニオイを閉じ込めてしまう状態になるので、

しっかり落とす必要があるわけです。

 

汚れを落とすための手順はかんたんです。

 

【ステップ1】

粉末洗剤を40度くらいのお湯に溶かします。

 

【ステップ2】

汚れた作業服を洗剤液の中に浸けて、特に汚れている場所にしっかり洗剤液を浸透させる。

 

【ステップ3】

1時間ほど浸け置きし、その後洗剤液の中で汚れている個所をもみ洗い、つまみ洗いする

 

【ステップ4】

もしここで洗剤液が黒ーくなっているのであれば、

洗剤液を作り直して上記ステップ1から3を繰り返します。

※なぜ繰り返すのかというと、蓄積された汚れは1度の洗濯で落ちない場合があります。その場合、洗剤液を変える目安としては、浸け置き後の洗剤液の色が薄くなってきたら完了です。

 

【ステップ5】

通常通り洗濯します。

※注意すべき点はしっかり作業服をすすぐこと(通常よりすすぎを1回多めに)

 

予洗いの時点で汚れをしっかり落とせていれば、

その後の通常洗濯にてニオイやシミの原因となる汚れを落とすのは容易です。

 

ぜひトライしてみてください。

 

●汗臭い作業服にしないコツ

最後に、作業服にニオイを残さないためのコツですが、

先ほど伝えましたが前提で、汚れをしっかり落としておくことが大切です。

 

そのうえで、よりニオイを寄せ付けない作業服を作るためのポイントは、

 

・早く乾かすこと。生乾きの状態で放置しない

 

・洗濯槽を掃除する

 

です。

とっても簡単に聞こえますが、かなり大事です。

最初にお話ししましたが、ニオイの原因は細菌が汗や皮脂をエサとして

増殖する際にニオイを発するわけですが、

 

生乾きの状態=雑菌が繁殖しやすい状態

 

なのです。

ですので、早く乾かすためにできることは、

 

・衣類と衣類の感覚を広くし、風の通り道をつくる

・湿度を低く調整する

・扇風機で風をとおしてあげる

 

上記を守ることで、より早く乾かすことができ、

細菌の繁殖を抑えることができます。

 

 

もう一つ、見落としがちなのが、

【洗濯機を清潔に保つ】ということです。

 

年に1回くらいあらえばいいか、、、。

 

という方もいれば、中には

 

洗ったことありません。。。

 

 

という方もいらっしゃいます。私の男性で一人暮らしをしている方は、

一度も洗ったことがないと言っていました。

 

洗濯槽の裏側は、カビの温床でとっても菌がたくさんいます。

ですので、可能であれば3,4か月に一度は、洗濯槽のお掃除をオススメします。

なにより、頑固汚れや油、泥汚れを日々洗っている、すすいでいる、

文句も言わず働いてくれている洗濯機をキレイにしてあげましょう。

 

きっと喜びます!(衣類も嬉しいし、洗っている本人もうれしい)

 

細菌はカビや洗濯機に残った洗剤カスもエサにするため、

清潔に保つことによって、臭わない作業服を長く使っていくことができます。

安いものではないですよね、作業服。

 

ひと手間かけてあげることで、節約にもなるため、ぜひ実践していただけたらと思います。

 

【ポイント】

・洗濯槽は3,4か月に一度クリーナーで洗うことをオススメ

・洗った作業服を早く乾かすことがニオイ防止につながる

・汚れやニオイに気が付いたらその日に処理する

 

 

接客の時、油染みが気になりませんか?
作業服汚れスッキリは、徹底的に油汚れを落とします!


詳しくはこちら

洗濯のツボ 人気記事です。ぜひごらんください

他の「洗濯のツボ」を見る

泥スッキリ本舗 取扱洗剤一覧