ホーム > 泥汚れスッキリコラム >

失敗する防虫剤の使い方とは?

失敗する防虫剤の使い方とは?

スタッフ日記

2018/05/25

失敗する防虫剤の使い方とは?

こんにちは
泥スッキリ本舗
洗剤王子こと杉山司です。

 

まだ体感ですが、朝涼しく、日中暖かい
先日、衣替えの保管の話をしました。

 

そして、
お客様の中でちょっと危険なお話がありましたので、
シェアしたいと思います。

 

“衣替えの手伝いをしていた叔父の話ですが、

 

「最近、頭痛やめまいがする・・・」

 

とのことで、いろいろ家の中を調べてみたら、
衣替えの時、防虫剤を入れたそうなのですが、
几帳面な性格のせいか、

 

防虫剤をたくさん入れた方が聞くんじゃないか、
とプラスチックBOX6段に、
各20個ずつ入れていました。

 

合計120個

 

原因が分かってよかったです。”

 

とのことでした。
これは頭痛が起こりますね。。。

 

洗濯の時もそうですが、
何事もやり過ぎは禁物ですね。

 

さて、衣替えの保管のポイントとして、
しっかり汚れを落とす、
というのは大前提ですが、

 

しまってある衣類に虫がつかないように、
換気をよくしたり、防虫剤をつかったりするのは
効果的です。

 

防虫剤を使用する際に気を付けること、
いくつかポイントを紹介しますね。

 

・併用は避けること。
※シミや変色の原因となるため

 

・衣類の一番上に置くこと。
※防虫剤からでる気体は空気より重たいため下に落ちます

 

・衣類をぎゅうぎゅうにしまわないこと
※8分目くらいにしておくこと、効果が半減します

 

・防虫剤を入れ過ぎない
※気化しすぎて外に漏れて人体に影響を及ぼします(怖)

くらいでしょうか。
もし、防虫剤入れてるよ、
という方、今一度振り返ってみるのも良いかもしれません。

 

一覧へ戻る