ホーム > 洗濯のツボ教えます! >

掃除機をかけずに過ごすチャレンジ

掃除機をかけずに過ごすチャレンジ

スタッフ日記

2018/03/28

掃除機をかけずに過ごすチャレンジ

こんにちは、菅沼です。

ここのところずっと掃除機をかけていません。

1週間過ぎた、10日過ぎたくらいまでは覚えていたのですが、

もはやどれだけの期間かけていないのか。

どれくらい掃除機をかけずに過ごせるかのチャレンジ中というわけです。

人生いつだってチャレンジできるんです。

 

掃除機をかけていないとはいえ、全く掃除をしていないわけではありません。

猫を飼っているし、私の花粉症はわりと重症です。

2日に1度はクイックルワイパーでざっくり、

留守にするときにはルンバでリビングダイニングをざっくり。

すっきりきれいにならないからか、掃除機をかけていたころよりも大量のほこりが集まります。

 

ルンバは友人からおさがりでもらったものです。

そこのお宅は3階建てでルンちゃんが1台で稼働するにはあまり適してなかったようです。

ぽつんと置かれているのを見つけた私が「ルンバあるんだ!すごい!」と感心してみせたところ、「使わないからあげる」と。

まじか。純正だぞ。

 

当然ありがたく頂戴して、以来我が家でルンちゃんはひどく働かされているわけで。

ルンちゃんは2年ほどの過酷な労働に耐えた後、体を悪くしました。

ホームに戻る機能を失い、いつも行ったっきり。どこかで息絶えています。

その後、とうとうバッテリーがいかれ、稼働不能に。

住所不定無職に。

 

バッテリーの交換も、ホームの買い替えもかなりの予算がかかるので、私はルンちゃんを泣く泣く納戸に閉じ込めました。

修理してもらえないルンちゃんは眠るばかり。働かないルンちゃんは重いし、ちょっと邪魔。

 

そうして数年が経ったある日、そうだ、ルンちゃんを復活させよう!プロジェクトが始まりました。

調査の結果、高くとも純正のバッテリーのほうがよいという結論になりました。

それによりホームまで予算がまわらず、ルンちゃんはバッテリーだけを交換されました。

ホーム機能がなくても、電源を直接ルンちゃんに差し込んで、稼働させるときには抜けばよいのです。

ルンちゃんはあちこち働き、いつも家のどこかしらで力尽きています。

帰宅後はルンちゃんを探し、お疲れ様と声をかけて持ち上げて電源のところに移動して差し込みます

重いし面倒くさいです。

本来のルンちゃんは、ホームからスタートして掃除を終えるとホームに勝手に帰ってくれる、そんな子です。

だけどうちのルンちゃんには帰るおうちがない

そのせいでしょうか、ルンちゃんがちょくちょくサボっているようなのです。

帰宅後、床の小さなごみやほこりがきれいになっていない!ということが何度もあるのです。

今日はルンちゃん機嫌悪いのかなー。

見てないときはサボることを覚えたんだろうか。

 

そのうちにルンちゃんはめったに掃除をしなくなりました。

床を片づけてルンちゃんを稼働して出かけても、ほとんどきれいにならない。片付け損。

ルンちゃん、トシかしら…。

バッテリーかえて1年経ってないし、今壊れられちゃ割に合わん。

 

ひっくり返してみたところ、ブラシが毛とホコリで大変なことになっており、収まるところに収まっていませんでした。

ルンちゃんに疑いを向けた自分を反省しつつお手入れをしたところ、ルンちゃんは元の働き者に戻りました

めでたしめでたし 🙂

 

 

あれ、何の話でしたっけ。

そうだ、掃除機をかけない女の話でしたね。

家族は掃除機の頻度が著しく下がってる、というか全くかけていないなんて思いもよらないようです。

私が掃除を頑張ってるから家がきれいなんだ、と言っても何の疑いも持っていないのです。

私のチャレンジはまだまだ続きます。

 

 

さて、実はこちらのコーナー、お客様に喜んでもらえるように役に立つことを少しは書くようにと言われております。

今回役に立つ話がただの一つもないような…。

えーっとえーっと…

 

 

サボってもばれない家事がある=掃除機

 

人の家でよい家電を見つけたらとりあえず「すごいね」と言う。使ってなかったらくれるかも。

 

ホーム機能のないルンバは毎回面倒くさいからケチらずホームも買いなおす方がよい。

 

少しはお役に立てたかもしれません。よかったです。

 

一覧へ戻る