ホーム > 洗濯のツボ教えます! >

泥汚れ洗濯で、ムラなくしっかり汚れを落とす方法をご紹介

泥汚れ洗濯で、ムラなくしっかり汚れを落とす方法をご紹介

スタッフ日記

2018/10/17

泥汚れ洗濯で、ムラなくしっかり汚れを落とす方法をご紹介

 

こんにちは

 

泥スッキリ本舗洗剤王子こと

杉山です。

 

毎日お客様から泥汚れに関するご質問や、お悩みなどをお聞きしているのですが、

ほとんどの方から、

「汚れの落ち具合に思わず笑顔がこぼれます」

「以前は憂鬱だった泥汚れ洗濯が、今ではもっと汚して来てっ!というくらいになりました」

 

との喜びのお声を頂く半面、中には、

「落ちているところと、落ちていないところもあります。洗い方が間違っているのでしょうか?」

 

というお声も頂きます。

たいていお話しさせて細かく聞いていくと、いくつか答えが分かってくるため、

アドバイスしてみると後日、「キレイになりましたっ!」と喜んでいただくケースが多いです。

 

今回は、泥汚れ洗濯でよりもっときれいに落ちるコツを紹介していきます。

 

■コンテンツ

1:あなたのつけ置き方法あってますか?

2:洗剤液が真っ黒になるのは危険信号?

3:ガンコ汚れにオススメな万能洗剤

 

■あなたのつけ置き方法あってますか?

泥汚れ洗濯といったら、予洗いが前提、というかつけ置き洗いが定番ですが、

浸け置きってただ洗剤液に衣類を付けておくだけではないんです。

実は、“どのように浸かっているのか?”がポイントなのです。

 

汚れ落ちが激しいと、全体的にユニフォームやズボンは全体的に泥や汗が染み込んでいます。

そのため、しっかり浸け置きがされていないと、汚れが落ちきれずに残ってしまう、という場合があります。

 

以下を見てみてください。

 

こちらは浸け置きのシーンですが、よく見てみると、この洗剤液から飛び出ている個所は、浸け置きの効果(洗剤液を生地に染み込ませ、汚れを外に出すこと)が得られていません。

 

そのため、このままの状態で浸け置き後もみ洗いしても、

“しっかりと浸け置きされている部分” と “外に飛び出てしまっている部分”とでは、

汚れ落ちに違い(見え方によってはムラのような状態)が出てきます。

 

どうしてこのように衣類が飛び出てしまうのかというと、

単純に水に衣類が浮いてしまうためです。

 

それってどうしようもないんじゃ…

 

と思われがちですが、実は完全に浸け置きをするには、簡単な方法があります。

ひとつ、簡単な方法を紹介します。

 

用意するのは1リットルのペットボトル2本です。

そこに、水を全部いれてユニフォームの上に置きます。

 

これだけです。

つまり“重し”ですね。

 

単純ですが、これを行うことによって、全体的に汚れた衣類を洗剤液につけることができるようになります。

一回作っておくと、毎回使えますし、洗剤液に使った後、水でながせばOKですので、夏の暑い時期や、雨上がりの練習後のかなり汚れたユニフォームをしっかり洗うには効果的な方法ですので、ぜひ行ってみてください。

 

あと、ペットボトルの重しを使わない方法もあります。

それは、泥汚れ衣類でも、そこまで汚れていない部分を上に(外に)出るようにするやり方です。

汚れた衣類を下にして、あまり汚れていない泥汚れ衣類を上に載せて浸け置きする方法も可能です。

 

泥汚れ洗濯で大切なのは、ひどく汚れている個所をポイントでもみ洗いすることです。

なので、その前処理としてしっかり生地に洗剤液をいきわたらせる必要があります。

 

他にも100円均一でザルを購入し、ザルの上にペットボトルを置く方法なんかも効果的です。

先ほどと同様に、ポイントはしっかり衣類を浸けることです。

 

 

さて、次に泥汚れ洗濯でムラが出来てしまう原因を見ていきましょう。

 

 

2:洗剤液が真っ黒になるのは危険信号?

 

洗剤液が真っ黒になった!という状況ならだれもが

「うん、しっかり泥汚れが落ちてくれている!キレイになっているね」

と思ってしまうはずです。

 

それもその通り、洗剤液が真っ黒になっている、という状態は、

ユニフォームやズボン、靴下についた泥汚れが洗剤液に出てきている状態です。

 

ただ、真っ黒の状態は、もしかしたら洗剤液に出てくる汚れの量が100%以上かもしれないのです。

つまり、まだ衣類に泥汚れが残っている状態で、汚れが外(洗剤液)へ出ていかない状態になってしまいます。すると困ったことに、汚れが逆流して一度外に出た汚れが戻ってきてしまう場合もあります。(逆汚染といいます)

 

よく白いセーターや白物なんかにこういった汚れが戻ってくる場合があるのですが、これがまた汚れが落ちづらいので、要注意です。

 

そして、一番良くないのは、汚れが落ちないからといって、洗剤の量を“増やす”ことです。

洗剤の量を増やしても、衣類から洗剤液へ出ていく汚れの量は変わらないため、洗剤の減りが加速してかなりもったいないです。

 

ではどうすればよいのかというと

 

洗剤液を変える、です。

 

すると、またきれいな洗剤液に、衣類に残っている汚れが出てきます。

特に泥汚れやガンコな汚れが衣類全体についてしまっている状態ですと、2,3回洗剤液を変えていきます。

だんだん洗剤液の色が薄くなっていくのがわかります。

 

ここでひとつ気になることが出てきます。これって何回も繰り返し洗剤液を使っていたら、すぐに洗剤が無くなっちゃうんじゃないか。ただでさえ泥汚れの専用洗剤は高いのに。

 

通常洗剤に比べたらお値段は高いですよね。しかし、洗剤液が真っ黒になるくらい汚れている場合、洗剤量は通常の2、3分の1ほどで十分汚れが外に出てきます。

 

ですので、あらかじめちょっと汚れがガンコだなあと目視でわかる状態であれば、いつもより洗剤量を少なめにして浸け置き洗いしてみてください。

少量の洗剤でも泥汚れが外に出てくるのがわかります。

 

 

■泥汚れにオススメ万能洗剤

泥汚れは使っている洗剤を変えるだけでも大きな変化が期待できます。

 

不溶性の汚れだからこそ、ちょっとお値段は張ることもありますが、
専門の洗剤を利用することで、泥汚れはもちろんのこと、さらには汗の匂いまでをしっかり洗浄し、
なおかつ肌にやさしい泥汚れ専用洗剤があります。

 

もし泥汚れをあっという間に落とすことができたら。。。

 

ぜひあなたも泥汚れ洗濯の喜びと、時間の短縮出来たことでの自由な時間を手に入れてください。

 

当サイトではいくつかの泥汚れ洗濯対策グッズ(洗剤、洗濯アイテムなど)を紹介しています。
実は泥汚れ洗濯のグッズはたくさんありますし、比較してみても結局どれがベストなのか?という判断が、
自分ではなかなか取りにくい分かりづらい、というケースもあると思いますのでご紹介します。

 

 

<<初めての方に一番人気>>

 

○泥スッキリ303
・泥汚れ業界では最高の洗浄力を誇り、7万人以上ものお母さんに支持されている。
・かれこれ40万箱以上の販売されており、メディアでも多数紹介されている。
・独自配合の成分で、強力洗浄にもかかわらず、手荒れしにくい洗剤。

 

泥スッキリ303 お試し3週間分が出ました!詳しくはこちら
https://senzai-shop.com/?pid=55976276

 

 

<<赤土専用洗剤>>

 

○泥スッキリ305
・サッカーやラグビーなど赤土専用の洗剤を開発。
・汗のにおいもすっきりする優れもの。
・高力価酵素の効果で従来製品より タンパク質を落とす成分を倍増
・靴下の一番汚れている部分も綺麗に。

 

泥スッキリ305 はこちらから
https://senzai-shop.com/?pid=16350820

 

 

<<汚れ落とし専用ネット>>

 

〇汚れスッキリねっと
・力を入れることなく繊維の汚れをかき出せます。
・ブラシなどとは違い、擦り洗いしても生地が傷みにくく手にも優しい。
・ボリュームUP!により、手のホールド感もUP!使いやすさもUP!
・使い方は簡単!お洗濯の浸け置きの際、落としたい汚れ部分をこするだけ。

 

汚れスッキリねっと はこちらから
https://senzai-shop.com/?pid=8974193

 

 

一覧へ戻る