ホーム > 泥汚れスッキリコラム >

作業服のガンコ汚れがイマイチ落ちない方へ

作業服のガンコ汚れがイマイチ落ちない方へ

スタッフ日記

2017/05/19

作業服のガンコ汚れがイマイチ落ちない方へ

こんにちは、洗剤王子こと、

杉山司です。

 

今日は作業服汚れについて、

注意点をお伝えしたいと思いました。

というのも先日お客様より、

 

「作業服洗濯の際、

なかなか汚れが落ちないので、

洗剤量を2倍にしてさらにお湯で洗剤液を作ってます」

 

というお声をいただき、

実際汚れが落ちているかどうか聞くと、

 

今ひとつ汚れ落ちがよくない…という結果だったそうです。

洗剤の使い方全体に言えることですが、

・基本的に洗濯表示に沿った温度で洗剤液を作ること

・洗剤の量を入れすぎないこと

上記は非常に大事なポイントです。

 

例えば、洗濯表示に温度が書かれていない場合でも、

高温につけることで、生地自体は痛みますし、

高温にしたからといって洗浄力が変わるわけではないためです。

※温度に関しては高くても50度以下です。

 

また、洗剤を入れすぎた場合にも、

洗浄力はある一定のところでストップするため、

たくさん入れたからといって汚れ落ちはそこまで変わりません。

 

では、ガンコ汚れの際はどうしたらいいのでしょうか?

まず表面の汚れを落とします。

そして、”少量の洗剤”で洗剤液を作り、もみ洗い、

つけおきを繰り返すことです。

 

理由としては、繊維の奥の汚れが徐々に溶け出すため、

ガンコ汚れには洗剤液を変えて繰り返し行います。

※ここでのポイントは洗剤量が少なめ、という点です。

 

泥スッキリの洗剤は市販の洗剤よりお値段が高い洗剤ですが、

汚れ落ちや費用対効果を考えると、

本当にお得になる洗剤ですので、ぜひお使いの際には

汚れ落ちに意識していただけたらと思います。

 

いやいや、そうはいっても汚れがおちませんっ!

 

という方は、ぜひカスタマーサポートまで

ご連絡いただけたらと思います。

 

汚れも環境によって人それぞれですので

お客様にあった洗濯方法をお伝えします。

ぜひご活用いただけたらと思います。

 

泥スッキリカスタマーサポートはこちらまで

053-451-5170(土日祝祭日を除く8時-19時)

 

メールでもお気軽にお問い合わせください。

info@doroyogore.com

 

この汚れ、落ちないよ…

という汚れが落ちてキレイになった時は、

洗濯が本当に楽しいものになります。

 

ぜひ毎日の洗濯ライフを充実させていただけたら幸いです。

一覧へ戻る

タグ: