ホーム > 泥スッキリコラム > スタッフ日記 > 最大限、泥汚れを落とす方法

最大限、泥汚れを落とす方法

スタッフ日記

2017/04/06

最大限、泥汚れを落とす方法

こんにちは、洗剤王子こと、

 

杉山司です。

 

先日のメルマガにも書きましたが、

「慣れ」というのは怖いと思う、

今日この頃です。

 

 

暖かい時期になると、

同時に汚れも確実に増えていきます。

 

冬が終わり、春が当たり前に来るように、

 

汚れが当たり前のように増えてくるのです!

 

先日、チャット相談にて、

 

「泥汚れの洗剤は使っているのですが、

”汚れ” や ”ニオイ” がとれない」

 

というご相談がありました。

 

今回は、どんな汚れでも、

最大限汚れを落とす方法をお伝えします。

 

先にお伝えしておくと、”汚れ”というものは、

人によって汚れ方、土の色、環境も違えば、

汚れてから”何日たっているか?”で汚れ落ちが異なります。

 

そのため、あえて”最大限汚れを落とす方法”とお伝えしました。

 

泥汚れは、食べこぼしや油汚れなどと違い、

普通じゃ落ちないガンコ汚れです。

 

いつもと同じ洗剤、洗い方では、

落ちるものも、落ちないのが現状です。

そこで、方法を変える必要があります。

 

ただ、一つ考えて欲しいのですが、

たかが洗剤、たかが洗濯と思いますか?

 

自分も過去こんなふうに思っていました。

 

「こんな感じ(量)だったかな?まあいいか。」

 

というやり方になっていませんか?

 

洗剤、入れすぎていませんか?

※たくさん洗剤入れれば汚れが落ちるは間違いです

 

と、泥汚れはちょっと普通の洗濯とは違うので、

しっかり基本を押さえておきましょう。

 

★・・・・・・・★・・・・・・・・★・・・・・・・★

 

【最大限、泥汚れを落とす方法】

 

その1.

洗濯前に、衣類の表面についた泥や、砂は落としておくこと。

 

その2.

40度くらいのお湯に、洗剤液を溶かすこと。

※洗剤量を守る事

 

その3.

軽くもみ洗い。汚れがヒドい箇所は、その部分をつまみ洗い。

 

その4.

30分-1時間以上つけおき後、再度かるくもみ洗い。

 

※捕捉※

上記の方法で汚れが落ちない場合は、洗剤液を変えて、

その2からスタートします。

 

上記の方法は、必要不可欠な流れです。

ここから、つけおき時間や、洗濯量を変えていく、

という応用をしていくのですが、

このやり方から外れると落ちる汚れも落ちない場合があります。

 

あと大事なことですが、

汚れた衣類は、その日に洗うことです☝💡

(無理な場合は可能な限り早めに)

 

上記のことを頭に入れて洗濯することによって、

汚れ落ち、ニオイに悩むことなく、

楽チンに泥汚れを落とすことができます。

 

ぜひ、ご活用ください。

一覧へ戻る